メインイメージ
従来の手法では
従来の手法では、なかなか浸透していかない現代のビジネスも・・・
マーケット調査にもアナログはない
自社の製品の売れ行きを事前に把握することを目的として・・・
デジタル化社会での手法
ICTの進歩はとどまることなく成長を続け・・・
企業の多くが移行していかないと
これからのマーケティングはデジタル化社会に・・・

費用対効果の面から

あなたはご自身の職場にて社長や上司などからコスト、つまりは費用に対して仕事の効果はどれぐらい出ているのかを聞かれたことはありませんか。これはビジネスを行う者、経営者となるべく方にとっては必須の課題であり常に考えていかなければなりません。当然、効果よりも費用の方が上回るようではその会社、部署での実績は芳しくないものであり、指標で表すならば赤字もしくは不採算事業ということになるでしょう。では、費用対効果の面からどのようなことが見えてくるのでしょうか、会社を運営するには人、モノ、金が必要だと言われます。しかし、会社にとって十分な利益を出すにはコストを極力抑えながらも円滑に企業活動を行わなければなりません、すなわち一つの業務、複数の業務にどれくらいの人をかけるか、を的確に分析する必要があります。もちろん、人だけでなく、スペースや設備、ソフトを投入することも同様です。本当にそこまで投資、投入する必要があるのか、をあらゆる資料、統計を用いて分析することが重要です。