メインイメージ
従来の手法では
従来の手法では、なかなか浸透していかない現代のビジネスも・・・
マーケット調査にもアナログはない
自社の製品の売れ行きを事前に把握することを目的として・・・
デジタル化社会での手法
ICTの進歩はとどまることなく成長を続け・・・
企業の多くが移行していかないと
これからのマーケティングはデジタル化社会に・・・

マーケット調査にもアナログはない

自社の製品の売れ行きを事前に把握することを目的としてマーケット調査を事前に行うことがあります。あるいは、販売後も、フォローアップの意味で改めてマーケット調査を行ってみるということもよく行われます。このマーケット調査ですが、依然紙を用いたアナログ形式で行われることもありますが、デジタル化の流れの中で、こうしたアナログ手法の問題点が浮き彫りになってきています。 まず、アナログ手法では集計と分析に膨大な時間と労力を要するという問題点があります。設問作成からペーパーの準備と配布、そして集計およびその分析と、一連の作業に要する労働投入量の負担は企業にとって大変大きなものとなります。また、こうした煩雑なプロセスに伴うミスというのも起こりやすい環境と言えます。少しの集計誤りであれば、母集団が大きい場合は影響が小さいかもしれませんが、いつどのような形でそうしたミスが起こるかの予測もできず、集計上どう表れているのかも正確には把握できません。そのようなデータを基にした分析に対する信頼度も高くなりにくい、というのが正直なところです。 今はデジタル方式のマーケット調査が利用できるようになっています。Webベースでアンケートに答えてもらう形などが主流ですが、こうした方式であれば、集計も分析も大変簡単に実行できますし、たくさんの設問ストックの中から適切なものを組み合わせてアンケートを作成することも簡単に行うことができます。また費用面でも、印刷や発送のコストもかからず、人的資本の投入量も圧倒的に少ないため、従来の手法に比べて大幅に低く抑えることもできるようになってきています。 こうしたトレンドは今後も継続すると考えられ、マーケットの動きを把握するための手法も、アナログ手法による、ミスのリスクを一定程度内包した人海戦術的な方式ではなく、デジタルを活用してスムーズかつ迅速に集計と分析が行えるやり方に進化していくことが想定されます。

調査に時間をかけないから

企業が新しい商品やサービスを世に送り出すときには、事前調査となるマーケティングが重要です。 事前調査をしっかりしないと ~ 続きは見出しから