メインイメージ
従来の手法では
従来の手法では、なかなか浸透していかない現代のビジネスも・・・
マーケット調査にもアナログはない
自社の製品の売れ行きを事前に把握することを目的として・・・
デジタル化社会での手法
ICTの進歩はとどまることなく成長を続け・・・
企業の多くが移行していかないと
これからのマーケティングはデジタル化社会に・・・

デジタル化社会での手法

ICTの進歩はとどまることなく成長を続け、私たちを取りまく社会も大きな影響を受けています。業種を越えた様々な分野で、デジタル化が進んでいます。ビジネスシーンにおいても、webサイトやEメールなどを用いるマーケティングはデジタル化が定着し、今や必須の戦略といって過言ではありません。消費者に自分たちの商品やサービスを知ってもらうだけでなく、新たなビジネスチャンスが期待できます。自らのホームページへ誘導することで、見込み客の獲得につなげることも可能です。 市場に目をやると、ひとつひとつの商品のサイクルが短くなっているのがわかります。これはコンピュータ依存だけでなく、ソーシャルメディアの普及によるところが大きいといえるでしょう。情報の伝達や拡散が一瞬で世界中へ発信されるなか、もはやweb媒体を活用しないビジネスモデル自体、成り立たなくなってきています。確実に社会はデジタル化を突き進んでおり、今後ますます拍車がかかることは必至ではないでしょうか。 現在のマーケティングの主流は、with Cという概念です。このCはコンシューマー、つまり消費者を意味する単語の頭文字を取っています。マーケティングは消費者とともにあるということです。直接的なサービスや商品だけで利益を上げ続けることは、少子高齢化が進み人口も減っている国内では、なかなか厳しいでしょう。デジタル化社会へ移行しているマーケティングの世界では、消費者不在のやり方では生き残りは困難です。 消費者にとって、有意義で価値のある情報を提供できるかどうかは、今後のビジネス展望の鍵を握ります。消費者の声に耳を傾け、プラスアルファのアイデアや豆知識、活用ガイドなどを提供するサービスも、最近よく取り入れられている手法です。従来の投資目的は、主に経費削減のためでした。長く続いた景気低迷のなかでは、どこの企業でもコストカットは最重要課題であったわけです。しかし現在の潮流は、さらなる売上アップや利益追求といった、一歩先の攻撃型ともいえる投資になっています。今後ますます進むであろうデジタル化のなかでは、より中身の濃い情報が求められそうです。

デジタルマーケティングの取り組み

デジタルマーケティングとは主にインターネットを使って宣伝やPR、販売促進活動などを行うことです。 主な取り組みとしては検索サイトなどの ~ 続きは見出しから